にきび

にきびは治療すればよくなる病気です


にきびニキビといえば「顔をよく洗って放っておけばいい」とされた時代も一昔前まではありましたが、ニキビは治療せずに置きますとかなりの場合一生消えないニキビあとが残ってしまいます。そのため治療しなかったがために何年、何十年も残ってしまったニキビあとに悩まされてしまう人があとを絶ちませんでした。

しかし今では世界で最も多く使われているニキビ治療薬が保険でも使うことができますし、保険診療だけではうまくいかない場合は保険外の治療も駆使してかなりの方の悩みを解消することができるようになりました。
ニキビあとになってから後悔しないためにも、たかがニキビと軽く見たり、あるいはあきらめたりせずに早めに治療を受けることをお勧めします。

ニキビの原因は何?

1. ホルモン的要素
ニキビ発症には男性ホルモンが重要な役割を果たしています。男性ホルモンは脂腺を発達させ多くの皮脂を合成・分泌させます。
血液中の男性ホルモンのうち1~2%の遊離離テストステロンという物質は皮脂細胞内の5α-リダクターゼによって 最も活性の強いジヒドロステロン(DHT)に転換され皮脂の産生を促進させます。DHTへの変換が5倍以上促進されています。


2.  角化異常
不適切なスキンケアや不十分なクレンジングをおこなっていると毛穴がふさがれ、中に皮脂がたまってきます。狭くなり、過剰に生産された皮脂は出口から外に流出されず、 皮脂は毛穴の中に貯留して面皰(白ニキビ)形成が始まります。


3.  細菌の増殖
人の毛穴の中に常在菌と呼ばれる菌が生息しており、アクネ菌もその一種です.誰もが持っている肌の常在菌です。アクネ菌はポルフィリンという代謝物質を出しますが、活性酸素はたまった皮脂を遊離脂肪酸や過酸化脂質に変え、周囲の細胞を傷つけて炎症が起きていきます(赤ニキビ)。
従いまして攻略のポイントとしては毛穴の出口の古い角質を取り除くことと、繁殖した細菌を殺すことにあるわけです。


ニキビ攻略のポイント

1.  毛穴のつまりを解消する
このためには
朝夕洗顔料を使って洗顔する
まずは毛穴の出口につまってきた古い角質や汚れを洗い落としてしまいましょう。
夜はお風呂に入った時には洗顔料を使うのですが朝は水で洗うだけという方が意外と多いようです。
ニキビ予防のための洗顔の回数は一日二回が最も適切とされています。洗顔料は古くなって固くなってきた角質を柔らかくする働きのあるフルーツ酸入りのものを使うとよいでしょう。ご希望の方には院内で購入することもできます。


規則正しい生活
不規則な生活は肌の新陳代謝も乱してしまいます。
適切な睡眠をとり疲れをためないようにしましょう。


バランスのとれた食事 
野菜、フルーツなどを含めバランスの取れた食事を心がけましょう。肉や、魚も大切です。
チョコレートやナッツを食べるとニキビができやすいと一般的には言われていますが、特にそのような科学的な根拠はありません。ただしあまり多くとりすぎるとバランスの取れた食生活とは言えなくなり、肌のコンディションを乱す可能性はありますので気を付けましょう。


外用治療 
それでも毛穴が詰まりやすい場合には、それを解消する外用剤がありますので医師の指示のもと使用してみましょう。
一般的にはアダパレンという皮膚の代謝を調節する薬剤や、イオウを含んだ製剤が使われます。


2. 毛穴の中の細菌をへらす
赤くなってしまったニキビでは、アクネ菌を中心とする細菌が増殖しています。抗生物質の入った外用剤や、場合によっては内服薬を使用し細菌を抑制します。
赤くなったニキビを放置すると生涯にわたって残る傷跡になる可能性がありますので早期に治療する必要があります。


ニキビあとになってしまった場合は?

一旦赤いニキビになってしまうと、治療してもしばらくは色素沈着が残ります。ただへこみなどはなく色素沈着だけの場合は数ヶ月しますとほとんどの場合完全に消えてなくなってしまいます.問題なのは色素沈着だけではなく、盛り上がりやへこみをのこしている場合で、このような変化は通常一生のこるものになってしまいます。これらの治療にはフラクショナルレーザーという機器やイントラセルと呼ばれるラジオ波を使った方法が有効です。
詳しくは当院美容専門サイトをご覧ください。